夢見る夫婦のドタバタデイトレ株日記~2章~

株式投資(デイトレード)で1億円稼ぐ為に日々の株収支・反省をつづったブログ。旦那は相場卒業中&ただいま嫁が1人で奮闘中!

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキングのクリック応援おねがいします(*^o^*)



| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

8888 クリードについて~会社更正法適用申請~

不動産運用・投資のクリードは9日、東京地裁に会社更生法の適用を申請したと発表した。負債総額は650億円。
とのニュースがかけめぐった(私の中でも)金曜夜! 

私は「あのクリードが?!まじでぇぇぇぇ?!」

ってのがすぐの感想と、時代の流れを感じるな~ってのと、まじで不動産全般今やばいんだなーって思いました。
思い入れと我が家の投資生活に大きく影響を与えた銘柄だったので過去を振り返って個別にアップしとこうとおもいます。

我が家が投資をはじめた2005年の後半の花形株といえば、新興の中でも特に不動産ファンド!
ダヴィンチ、アセット、ケネディクス、クリード、IDU、パシフィックマネジメント、リサパートナー等々でした!

まー、他にも2006年1月のライブドアショックまでサイボウズや、ゼンテックや、IPO系もとにかく新興の上昇ぷりにはすごいものがあったのですが、デイトレに切り替えての2005年8月ぐらいからがっつり
不動産バカっていわれるぐらい、不動産ファンド連動粘着で
例でいうとダヴィンチでは8月の30万円ぐらいから半年で100万超えるまでリアルにみましましたねー。

最後のほうなんて毎日毎日あがるんですよ!w

その時ヘラクレスとかは「ヘラクレス名物、場中の特売り、特買い」が横行してましてw注文が殺到すると、突然価格が止まってそうなってたんです。
でそれを改善する為にシステム増強まで1本気配になっちゃって、確かね!アセットが100万到達した時、1本気配でいったんですよ。(私の記憶が確かならばw)

オオォォォ(゚ロ゚*)(゚ロ゚*)(゚ロ゚*)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)(*゚ロ゚)ォォォオオ!いきおった!って思いました!


この不動産ファンドはほんとにほぼ素直にどれもこれも今では考えられないぐらい連動してくれてて
特に我が家は市場の違いで
「ケネディクス」と「クリード」が1セット(東証系)
「ダヴィンチ」と「アセットマネ」が1セット(ヘラクレス)みたいな考えでトレードしていましたねー。

このおかげで我が家は念願の元金回復できたようなものなので本当に思い入れが深いです。
上でリンクした2005年8月なんてどつぼのころですね。開始わずか4ヶ月で190万あったのが120万まで資金落ちてw

どうして不動産トレードしなくなったのか?!のあたりが疑問なのですが、多分稼げなくなったからかなー。私は大証バカになってたし。

最近は我が家はボロ株とかやばそうなのにはデイトレでも手を出さないという暗黙のルールがある為、不動産とか建設系にはノータッチですが、あの花形株が!って意味でも一個人投資家(貧弱)として今回のクリードの破綻にはショックが大きかったです。

優良株だと疑わずトレードしていたIXI(アイ・エックス・アイ)が2007年1月に架空循環取引でいきなりの上場廃止になったとき以来のショックです。驚きっていうより、ほんとに投資って怖いな~みたいな。


ただの過去の思い出ばなしになりましたが、ついでに書いておくと
私の妹は今アメリカのでっかい監査法人につとめているんですが正月にうちにきたとき話をきくと
ほんとアメリカの雇用情勢は今きびしいらしいです。

妹の会社でも新卒でも即効首きられたりしてるらしく、大手の会社(取引先)がそりゃーどんどんつぶれると、監査法人も仕事がへるわけだからそうなるよね。

で、アメリカの場合、正社員でも、朝、人事によばれて、その日で解雇ってのが普通らしいです。ただ2ヶ月給与保障があるらしいですが。

それでもほんと急激にかわってるのすごい感じるっていってました。

きびしい情勢だし、うちももう後がない感じなのでほんと今年はがんばっていかないと!

今年はたくさんの会社が破産しそうですが、そういうリスクにも気をつけていきたいとおもいます。
ではでは~

人気ブログランキングのクリック応援おねがいします(*^o^*)



スポンサーサイト

| 個別銘柄について | 11:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。